バーチャルオフィス Shopify

バーチャルオフィスを表す画像

このページでは、ネットで物品販売するにあたり、自宅住所を載せたくなかった私が調べたバーチャルオフィス Shopifyでおすすめのバーチャルオフィスに関してまとめています。きっと役立つので最後まで読んでみてください。

 

【バーチャルオフィス Shopify】にピッタリの場所を探すに至ったわたしの悩みはこんなこと

バーチャルオフィス Shopifyの悩みを表す画像

わたしがバーチャルオフィスという選択肢をもったときに悩んでいたのはこんなことです。

・ネットショップを作りたいけど、特定商取引による表記で住所の記載の必要がある
・だけど、都心にオフィスを借りようものなら固定費が高すぎて手が出ない
・近所のアパートを借りて会社にしようと思ったが、敷金礼金もある
・そもそも、キッチンなどは不要のため無駄な設備だと感じる
・自宅をネットショップの住所とすると、仕事用の郵便物がたくさん届く
・だから、プライベートとの切り分けができなくてつらい
・できれば、職場用の電話番号をつくるのはめんどくさいので転送してくれたらうれしい
・ネットショップの住所とはいえ、自宅住所を記載するのは抵抗がある。

【バーチャルオフィス Shopify】でピッタリの場所がなかったら、今頃こんなことに

バーチャルオフィス Shopifyの悩みが悪化を表す画像

・自宅をネットショップの住所にすると変な人が来るかも。
・自宅住所で、法人登記すると住宅街なので信頼性が失われるかも。
・事業拡大をするぞという気持ちが自宅だと失われる
・自宅住所記載は、顔出しするようなもの。ストーカー被害に会うかも
・一等地でない場所のレンタルオフィスを借りたものの信用がなくて法人手続きが進まない

ネットショップを立ち上げたいものの、たった一つの住所記載で悩んで、時間ばかり食うのは事態を悪化するだけです。

ことネットショップを個人事業主としてやるだけなのであれば、バーチャルオフィスの最低限のサービスである住所貸しのサービスだけで十分です。

【バーチャルオフィス Shopify】の場所で実現できる未来とは!

バーチャルオフィス Shopifyで成功を表す画像

バーチャルオフィス を採用することではじまる人生はこんな感じ。

・オフィス分の固定費は低コストとなり、稼ぐモチベーションが生まる。
・その結果、さらに事業が拡大でき個人事業主から、会社設立!なんてことも。
・主婦の単なるサイドビジネスどころか、夫の給料より稼いじゃうかも
・自宅を公開しなくて済むため、女性起業者にはうれしいストーカー対策にもなる
・一人会社など設立の場合、パッケージサービスを使えば、難しい会社設立の手続きも早く終わる
・その結果、これからの会社の未来を計画する時間がたっぷり取れてみらいも明るい♪
・憧れだった都心、南青山の住所を借りて気分が上がって事業も右肩あがり。

何も知らないと人生損というもの。このバーチャルオフィスというのは今の時期、時代の流れもあって必要とされているものなのだと改めて感じます。

【バーチャルオフィス Shopify】バーチャルオフィスのデメリットとは?

バーチャルオフィス Shopifyのデメリットを表す画像

バーチャルオフィス Shopifyのデメリットは以下のような点となります。

・住所だけでお金がかかるのはイヤと思うけど、それでもどんなに安い賃貸契約よりもずっと安いコストで利用できる
・やっぱり、毎月のコストが気になる。➡ネットショップでの使用であれば住所貸しだけで十分であり、それであれば、月々1000円以下のサービスもたくさんある。
・そんなに都心の住所が重要なのか?➡都心の住所、とくに都内の住所をもつことはやはり取引に信頼性が増します。あなた自身が購入先の住所をみたとき、どう感じるか考えてみると分かると思います。ただ、ネットショップであれば、都心でない住所でも充分だと思います。
・会社登記を行いたい場合は不利になるかも➡バーチャルオフィスだと会社登記をしにくいという口コミもありますが、基本的に住所どうのこうのではなくあなたの事業がしっかりとした実績があり、あなた自身に信頼があれば、会社登記は可能です。
・それぞれのサービスを頼もうと思うと意外と料金がかかりそうです➡個人事業主のネットショップであれば、住所のみで十分だとおもいますし、会社登記する場合などであれば、すでに収入がある程度見込めている状態だと思います。その状態の場合、月付きの費用は賃貸物件を借りることを思えば、大した費用ではありません。

【バーチャルオフィス Shopify】バーチャルオフィスのメリットとは?

バーチャルオフィス Shopifyのメリットを表す画像

バーチャルオフィス のメリットは以下のような点となります。

・低コストで住所を借りることが可能
・会社あての郵便物を受け取ってもらって転送してもらうことも可能
・ホームページの住所として自宅を記載する必要がなくなり安心
・契約拠点以外のレンタル会議室も利用できるバーチャルオフィスもある
・東京の一等地の住所を利用できる
・逆に、地方。。。たとえば京都の住所を使用することも可能

【バーチャルオフィス Shopify】のまとめ

バーチャルオフィス Shopifyのまとめを表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィスのメリットは次の点です。

・低コストで住所を借りることが可能
・会社あての郵便物を受け取り可能
・郵便物の転送可能
・特定商取引による住所記載に自宅を記載する必要がなくなり安心
・レンタル会議室も利用できるバーチャルオフィスもある
・東京・大阪といった一等地の住所利用が可能
・逆に、地方。。。たとえば京都の住所を使用することも可能

 

【バーチャルオフィス Shopify】お勧めのバーチャルオフィス

バーチャルオフィス Shopifyの特徴を表す画像

バーチャルオフィス Shopifyにオススメのバーチャルオフィスランキングが以下となります。

一人会社など法人登記まで考えているなら1位のレゾナンスがおすすめ。ネットショップ経営などだけで特定商取引による住所記載対策だけしたいなら、2位の京都の住所が使えて格安な和文化推進協会がおすすめです。

 

1位:バーチャルオフィス レゾナンス

2位:バーチャルオフィス 和文化推進協会

3位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー

4位:バーチャルオフィス ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス Karigo

6位:バーチャルオフィス DMM

7位:バーチャルオフィス Regusリージャス

8位:バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター

9位:バーチャルオフィス Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー

【バーチャルオフィスShopify】格安料金でも安心なの?

バーチャルオフィスの店舗の場所は?

バーチャルオフィスの移転としてはビジネスの中心である東京とか大阪に拠点を送ると言うことです。通常で行くと賃料も高いしそもそもそのオフィスで仕事をするそれだけするかというとしないことも今の時代いっぱいあると思います。そういう時にバーチャルオフィスが最適です。バーチャルオフィスと言うのは物理的な業務のスペースを使わないで住所とか電話番号のみ借りられると言う利点があります。

安いことのデメリット

バーチャルオフィスで安いことのデメリットと言うととにかく住所が被ってしまうと言う可能性があると言うことです。

これは住所が借りられると言うことがバーチャルオフィスメリットである以上避けられないことではあります。住所は被ってしまうけど都心もしくは地方の中心部の都市に住所を借りられることがメリットと考えて割り切って使う事は必要となります。

安いことのメリット

安いと言うことで低コストで起業できる点はなんといっても最大の魅力、です。パソコンのない時代はそういった事は不可能だったと思いますが今はパソコン1つさえあればどこでも仕事もできますし商売ができる時代です。だからこそ事務所どこかに構えると言うことを考えずにビジネスを始めることができるのがこのバーチャルオフィスと言う仕組みです。

安いけど最低限ほしい機能

バーチャルオフィスで安いけど最低限欲しい機能というのが次の事です。
住所が強い
荷物の受け取り
電話の転送
電話の代行対応

【バーチャルオフィスShopify】の 5 つのポイント

何と言っても料金

バーチャルオフィスの料金は480円と言う設定もありますが月々で言うとある程度の欲しい機能をつけると大体4000円~,5000円になるイメージです。

さらにオプションをつけて例えば電話代行等までやってしまうとすると10,000円前後するのかなあって言うところです。

また気をつけたいのは初期費用で初期費用も10,000円近くかかるところもあれば5000円程度で済むところもあります。それと併せて確認したいのが契約期間。

安くても例えば契約期間が2年間と言うものもあったり高くても契約期間がなしと言うのもあったりして何もわからないうちは契約期間が短めの方が変えることも簡単でいいと思います。安くても例えば契約期間が2年間と言うものもあったり高くても契約期間がなしと言うのもあったりして何もわからないうちは契約期間が短めの方が回も聞いていいと思います。

手続き簡単

バーチャル本オフィスの手続きは比較的簡単で、個人で契約する場合は運転免許証、保険証、パスポート等などこういったものさえ揃えば簡単に登録可能です。

法人として契約する場合は会社の登記謄本とか代表者の本人確認書類等が必要となる場合がありますが逆に言えばそれだけで充分です。

会員制限

会員制限のあるようなところがたまにありますがそれは一部でありますので通常のところであれば誰でも会員になることができます。

安いところでは女性のみとか制限を加えているバーチャルオフィスもあるのでそれは確認した上で参加すると良いでしょう。

維持費

バーチャルオフィスの維持費は月々4000から5000円を最低限と考えると良いと思います。

ただし住所だけでいいとか本当に感覚的な場合であれば480円とか500円とかそういった安い価格でも十分なサービスもあります。

ネットショップなど最低限の機能だけでいい形であれば1000以下で探すことを探す事は可能です。

場所

バーチャルオフィスの場所はとにかく全国どこでも設置できると言うところが最大のメリットです。

ただしバーチャルオフィスによっては東京都内しかないとか東京大阪といった1部大都市伸びるといった場合もありますので個別に確認していくと良いでしょう。

東京都心の場合のメリットとしては都心の一頭地の住所を借り入れると言うメリットはあるのですが一方で、他の会社と住所が被ってしまうというリスクはあります。

一方で東京都心でない場合などは自分の会社の内容によっては特徴を出せる可能性もあります。例えば京都のバーチャルオフィスを使えば京都と言うブランドを会社に付け加えることができます。

【バーチャルオフィスShopify】の特長

なぜそんなに安いの?その理由とは?

バーチャルオフィスが安いのは、複数の会社で同じ所所を使うため行って見れば建物が持っている会社からすると物理的には5つの会社にしかかせない場合でも例えば100社とかに貸すことができるため1つの会社に対する賃料が安くすることができるのです。

なぜ都心なの?その理由

多くの方が都心の住所を借りたいと言う事がありますが、実際東京都心の住所が会社の住所となっているとやはり信用感が増すと言う点が多いです。

電話をするにしても03で始まる電話をバーチャルオフィスの電話として使えるサービスもあり、そのような場合はやはりお客さんからすると0さんの電話番号は安心感があるのでお勧めです。

ただしそもそも電話番号はホームページに記載しないなどと言う場合はそのサービスにこだわる必要はないでしょう。

なぜバーチャルなの?その理由

バーチャルにする理由としては固定費を抑えることができるもしくは住所を借りられると言った理由は1番多い理由です。

また会議室をレンタルできると言うのも大きな理由の1つです。必要に応じて都心で会議を開きそこでみんなが集まって会議すると言うことで従来型の会社の機能もみたせると言うわけです。

【バーチャルオフィスShopify】選ぶときに注意したいこと

月々料金に含まれるもの

月々の料金に含まれるものには最低限度としては住所のみ借りれると言う点があるのが基本です。

その他には郵便物の転送サービス、専用電話が利用できるなどサービスが増えるにつれて5000円程度、増えていくのが大体のバーチャルオフィスのパターンです。

会議室のレンタル可否

会議室のレンタルが可能かどうかといった点もバーチャルオフィスを決める、では重要なポイントです。自分のビジネスが会議体を必要としないような場合は全く必要ないですが、自分の会社の価値を上げるために月に2、3度はお客さんと話し合ったりしたほうがいいと言うようなビジネスの場合には会議室のレンタルがあるバーチャルオフィスが良いでしょう。

お客さんの方でも、今の時代はこうしたバーチャルオフィスのような企業に対しても理解は深まっているので問題はないと思います。

申込み方法

お客さんの方でも、今の時代はこうしたバーチャルオフィスのような企業に対しても理解は深まっているので問題はないと思います。

変更・解約の方法

バーチャルオフィスを申し込む場合に注意したいのは変更や解約の方法です。

契約の中にはバーチャルオフィスによっては2年縛り等ある場合があるので注意が必要です。いくら安いといっても、2年間使い続けなければならないとなるとサービスに不満が出た場合などは後から帰るのは大変です。

そういった意味ではある程度の出費は覚悟して、契約期間の縛りがない会社がお勧めです。そもそもバーチャルオフィスを選ぶ時点で、物理的なオフィスを構える場合よりかなり安く月々の費用を抑えることができるので、ある程度の投資をしても問題ないと思います。

支払い方法

契約期間の縛りがない会社がお勧めです。そもそもバーチャルオフィスを選ぶ時点で、物理的なオフィスを構える場合よりかなり安く月々の費用を抑えることができるので、ある程度の投資をしても問題ないと思います。

【バーチャルオフィス480円】利用のメリット

コストの大幅削減

バーチャルオフィスの利用のメリットとしてはコストの大幅削減と言うことが挙げられます。

通常のオフィスをレンタルするより料金が格安で済む事は簡単にわかると思いますが、そもそもオフィスを持たないことで出勤の費用行き帰りの時間の削減など目に見えない部分でたくさんのメリットがあります。

敷金・礼金は不要

一般的な賃貸事務所を契約するとなると起業するときに敷金、礼金や保証金といったコストがかかります。

敷金とか礼金と言われる金額は月々の賃料の1ヵ月から3ヶ月位の代金を支払わなければならないので一般的な賃貸事務所を借りるだけで、20万、30万円といった費用が初期に発生します。

バーチャルオフィスを借りる場合はこういった敷金、礼金といった費用がかからない点がメリットの1つでもあります。

少額の入会金や保証金のみで利用可能

バーチャルオフィスの場合入会金や初期費用と言うものがかかるとこは多いですが、たいていは一万円とかそれ以下で済むことが多いので、一般的な賃貸事務所を借りるよりは間違いなくコストが削減できます。

起業するときに初期費用を抑えることができると言う点では、バーチャルオフィスはとてもメリットがあります。

【バーチャルオフィスShopify】利用でメリットがある人

ネットショップをはじめたい人

ネットショップを始めたい人にとってまず初めにハードルとなるのは特定商取引法表記に記載すべき住所。私の場合ネットでものを販売するときに特定商取引表記を書くこととなったのですが、自宅の住所を書くことをがとても抵抗がありました。

こういった場合に使えるのがバーチャルオフィスのサービスです。ネットショップの場合は会議などを開く必要もないので、住所だけ使えるような格安のバーチャルオフィスがお勧めです。

副業でネットショップをやる人やハンドメイドのネットショップ等ををやる方には最適の方法です。

月々の出費をおさえてビジネスをはじめたい人

初めて自分でビジネスをやる人、副業でビジネスをやる人、こういった人たちは初期費用はなるべく抑えたいと考えていると思います。

なぜなら自分のビジネス自体がかかるかもわかりませんし、儲かるまで一定期間がかかると思うのでその間赤字でずっと過ごすのは精神衛生上も良くないものです。

こういったことを避けるためにオススメなのがネットショップなどでも使えるバーチャルオフィスとなります。

東京など都心で商談・打合わせスペースがほしい人

ネットショップの方などには必要ないんですが自分でビジネスをやっている方などは、お客さんと商談打ち合わせのスペースが必要となる方もいると思います。

全てでは無いですがバーチャルオフィスはレンタル会議室を併設しているところもありますので、そういったバーチャルオフィスを選ぶと便利でビジネスにもプラスになります。

【バーチャルオフィスShopify】の法人登記について

そもそも法人登記とは?

法人登記とは会社登記とも言いますが会社を設立したときに法務局に対して必ず行うべきこととなります。

法人登記会社登記には称号(写メ)や住所代表者の氏名といったことを記載登録する必要があります。またこの登録したことが一般に開示されるので会社としての信用も得られるようになっています。

法人登記にあたってはその他に事業目的を決めたり会社のハンコを作成して印鑑証明書を取得したり、さらには定款を作成し、認証を受けるといったことが必要になります。

バーチャルオフィスの中にはこうした面倒な手続きもパッケージ化した会社もありますので会社登記もしたい方はそういったバーチャルオフィスを探すことをお勧めします。

バーチャルオフィスで登記ができるの?

バーチャルオフィスで法人登記は可能です。ただし注意したいことがいってんだけあって同じ住所のところに同じ法人名で法人を設立できないと言う規則があるので、登記をする前に確認は必要となります。

個人事業主でずっとやってきた方で、収入が増えてきた方は法人化しようと考える方もいると思うのですが、そういったかたにはバーチャルオフィスという選択肢も初期費用をおさえる1つの選択肢としてお勧めです。

バーチャルオフィスで法人銀行口座を開設できるの?

バーチャルオフィスで法人の銀行口座を開設することは可能です。バーチャルオフィスで法人の銀行口座が開設できなかったと言う話も聞きますが、それは法人自体の活動実態やこれまでの実績などが評価されなかったために口座の開設審査に落ちたということが考えられます。

バーチャルオフィスだから銀行口座を開設できないと言う事はありません。銀行のほうも馬鹿ではありませんので、例えば個人事業主として今までの実績がたくさんある方の場合は、銀行口座を開設できる可能性は大きくなるといえます。

ちなみにバーチャルオフィスで銀行口座を開設するためのポイントは次のような点です。

1.バーチャルオフィスの近くの銀行に相談
2.資本金を最低の1円など低すぎる金額としない
3.会社のホームページを作成しておく
4.固定の電話番号を用意しておく
5.知り合いに紹介してもらう

結局信用を得られるか得られないかと言う点が銀行口座を開設できるかできないかに関わってくると言うことを理解しておきましょう。

失敗しない・バーチャルオフィスで7つの注意したいこと

1. 住所・立地は? 都心?一等地?

バーチャルオフィスは都心はもちろんのこと大阪名古屋北海道などなどいろんな住所を持っているところが多くあります。一方で1カ所しか住所を持っていないと言うところもありますので、住所にこだわる方であれば必ず確認は必要です。

一方で値段が安い方が良いと言うかたであれば都心にこだわらない方が安く契約できる箇所もありますので、いろいろ調べると良いと思います。

2. 登記は可能か?

ネットショップなど個人事業主でやられる方は必要ないと思いますが、個人事業主で収入が増えてきて会社設立をしたいと思ってバーチャルオフィスを借りたいと思う人は、登記が可能かどうかは確認した方が良いでしょう。

基本的には法人登録は可能である場所が多いですが、法人登記可能と明記されているところのほうが間違いないと考えます。

3. 初期費用は?

初期費用の確認も重要です。月々費用は安くても会員になるための会員費用や、年間費用等が高い場合もありますので、総合的に確認しましょう。

4. 最低契約期間は?

最低契約期間の確認も重要です。バーチャルオフィスによっては最低契約期間が1年だったり2年だったり、もしくは全く契約の期間縛りがなかったりする場所もありますから、この点も確認は重要です。

バーチャルオフィスはたくさんありますので、あまりネットショップの収入が上がらないうちなどは、いつでも解約できるような契約の方が安心と言えるでしょう。

5. 保証金の有無

一般の賃貸物件と同じで保証金と言うものを設定しているバーチャルオフィスもあります。保証金がなくても初期費用と言うお金を設定しているところもあります。

なので月額費用だけでなく、保証金があるのかないのかといった点の確認も必ずしましょう。

6. 更新料は?

契約期間が例えば1年の場合、1年ごとに更新料がかかると言う可能性もあります。この点を確認しておかないと、結局2年3年と続いた場合にトータルで考えると費用的には損をしたと言うことも考えられるので、必ず香辛契約期間が例えば1年の場合、1年ごとに更新料がかかると言う可能性もあります。この点を確認しておかないと、結局2年3年と続いた場合にトータルで考えると費用的には損をしたと言うことも考えられるので、必ず更新料の有無も確認しておきましょう。

7.サービスの内容は?

バーチャルオフィスのサービスの内容としては次のようなものがあります。

・住所貸し
・郵便物の受け取り
・郵便物の転送
・電話番号の提供
・電話代行サービス
・会議室打ち合わせスペースのレンタル
・法人登記の代行
・融資、補助金等の申し込みサポート

8.欲しいサービスがカバーされているか?

個人事業主としてバーチャルオフィスを借りたい場合は最低限の住所が私だけ必要と言う方もいれば、法人としてバーチャルオフィスを借りたい場合は法人登記の代行や融資のサポートまでお願いしたいと言う場合もあると思います。

大きくは個人事業主なのか法人登記して使いたいのかで使用用途も変わってくると思います。自分の欲しいサービスがカバーされているかどうかは、上記のような点を確認してから契約しましょう。

9.貸し会議室の有無は?

貸し会議室の有無も重要なポイントです。都心で貸し会議室を格安で借りるされる点は重要なポイントです。特に法人登記しているような場合はお客さんとの商談もあるでしょうから、都心での商談、会議に使用するのは信用といった面からしても重要であると考えます。

【バーチャルオフィス Shopify】にお勧めのバーチャルオフィス

バーチャルオフィス Shopifyの特徴を表す画像

バーチャルオフィス Shopifyにオススメのバーチャルオフィスランキングが以下となります。一人会社など法人登記まで考えているなら1位のレゾナンスがおすすめ。ネットショップ経営などだけで特定商取引による住所記載対策だけしたいなら、2位の京都の住所が使えて格安な和文化推進協会がおすすめです。

1位:バーチャルオフィス レゾナンス

2位:バーチャルオフィス 和文化推進協会

3位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー

4位:バーチャルオフィス ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス Karigo

6位:バーチャルオフィス DMM

7位:バーチャルオフィス Regusリージャス

8位:バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター

9位:バーチャルオフィス Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー