バーチャルオフィス 480円

バーチャルオフィスを表す画像

このページでは、ネットで物品販売するにあたり、自宅住所を載せたくなかった私が調べたバーチャルオフィス 480円でおすすめのバーチャルオフィスに関してまとめています。きっと役立つので最後まで読んでみてください。

1位:バーチャルオフィス ネットショップならココ 和文化推進協会 【月額500円】

>>【業界最安の月額500円】バーチャルオフィスサービス会員募集「和文化推進協会」

2位:バーチャルオフィス 銀座の住所! レゾナンス 【月額1,650円~】

>>月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】

3位:バーチャルオフィス 女性専用 タピオカ 【月額480円】

>>タピオカ

4位:バーチャルオフィス 法人登記込みの値段 ユナイテッドオフィス 【月額2,310円】

>>ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス 全国51拠点 北海道・沖縄など!Karigo 【月額3,300円~】

>>全国展開のバーチャルオフィスKarigo

6位:バーチャルオフィス 大阪の住所あり! DMM 【月額2,530円~】

>>DMM

7位:バーチャルオフィス 札幌、東北、福岡網羅 Regusリージャス 【月額1,408円~】

>>レンタル・バーチャルオフィスの世界最大手ブランド 【Regus (リージャス)】

8位:バーチャルオフィス 法人口座開設保証あり!ワンストップビジネスセンター 【月額4,950円】

>>【ワンストップビジネスセンター】

9位:バーチャルオフィス Nawabari 【月額980円~】

>>Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー 【月額4,950円】

>>【バーチャルオフィス ナレッジソサエティ】を利用して起業

【バーチャルオフィス 480円】にピッタリの場所を探すに至ったわたしの悩みはこんなこと

バーチャルオフィス 480円の悩みを表す画像

わたしがバーチャルオフィスという選択肢をもったときに悩んでいたのはこんなことです。

・仕事の内容は別に事務所がなくてもできることだがスタッフとの打ち合わせや会議だけは会議室を利用したい
・自宅でできる仕事を始めたが会社の登記する場所が自宅では信用度がないので信用度のある場所で会社を登記したい
・楽天や Amazon などの大規模 EC サイトでショップを出したいので会社の表記用の住所として東京にしたい
・事業を立ち上げたいが当初はできるだけ家賃などの固定費は削減したい
・法人登記不可の賃貸に住んでいる

【バーチャルオフィス 480円】でピッタリの場所がなかったら、今頃こんなことに

バーチャルオフィス 480円の悩みが悪化を表す画像

・バーチャルオフィスが無いので自宅の個人情報を一般公開することになる
・無許可で賃貸で登録することになり、ずっとバレないか気にして過ごすハメになる
・いつまで経っても副業起業ができないまま
・家の住所だと取り引きで揉めた時に家に押しかけられてしまう
・女性が住所を公表するとストーカーなどの犯罪に巻き込まれてしまう

物事というのは悩んでいても悪化するだけです。

【バーチャルオフィス 480円】の場所で実現できる未来とは!

バーチャルオフィス 480円で成功を表す画像

バーチャルオフィス 480円にであって、変わる人生はこんな感じ。

・自宅を開示しないで良いので安心して事業が進められる
・無許可の登記をしなくて良いので毎日バレないか?とびくつく必要が無くなる
・憧れの地域で事務所が持てるので会社のブランディングに繋がる
・副収入で毎日の食事におかずが一品増えて子供も旦那も満足
・生活水準が上がって精神的にも余裕が生まれて心穏やかに暮らせる

何も知らないと人生損というもの。このバーチャルオフィスというのは今の時期の時代の流れもあって必要とされているものなのだと改めて感じます。

【バーチャルオフィス 480円】のデメリットとは?

バーチャルオフィス 480円のデメリットを表す画像

バーチャルオフィス 480円のデメリットは以下のような点となります。

・お金を借りる場合銀行の法人口座が開設できないこともあるが その場合はリアルに事務所を借りるようにすれば良い
・バーチャルオフィスでは弁護士税理士司法書士などなど特定の許認可が必要な業種で開業ができないことがありますが、それ以外の業種の方であれば問題無い。
・社会保険を申請する際に資金台帳など必要書類の保管義務があり、その保管場所をしっかり確保できる状態なのかを確認されることがあるが、バーチャルオフィスで難しい時は書類の保管先として自宅を申請することで対応できることがある
・実体が見えにくいことで融資を受けるのが困難なことがあるが、創業時に事業資金を借りるような大型の事業でなければ問題無い
・HP上で住所を検索する事があった場合、一つの住所で多くの会社が住所登記をおこなっている為、誤解されることがあるが、HPを用意する必要は無く事務所の存在が必要、という目的の方であれば問題無い

【バーチャルオフィス 480円】のメリットとは?

バーチャルオフィス 480円のメリットを表す画像

バーチャルオフィス 480円のメリットは以下のような点となります。

・個人事業主の場合どうしても会社の住所が自宅になりがちだがバーチャルオフィスにすると自宅住所を登記しなくて済むので安心
・バーチャルオフィスは都心などに住所が多いので仕事を始める場合とても有利に始めることができる
・拠点が必要としない仕事であっても対外的には拠点があるということで信頼性が増す
・事務所のコストを削減できる
・希望の住所を取得しやすい
・スピーディーに利用を始められる

【バーチャルオフィス 480円】のまとめ

バーチャルオフィス 480円のまとめを表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィスのメリットは次の点です。

・個人事業主の場合どうしても会社の住所が自宅になりがちだがバーチャルオフィスにすると自宅住所を登記しなくて済むので安心
・バーチャルオフィスは都心などに住所が多いので仕事を始める場合とても有利に始めることができる
・拠点が必要としない仕事であっても対外的には拠点があるということで信頼性が増す
・事務所のコストを削減できる
・希望の住所を取得しやすい
・スピーディーに利用を始められるです。

 

【バーチャルオフィス 480円】にお勧めのバーチャルオフィス

バーチャルオフィス 480円の特徴を表す画像

バーチャルオフィス 480円にオススメのバーチャルオフィスランキングが以下となります。

1位:バーチャルオフィス レゾナンス

2位:バーチャルオフィス 和文化推進協会

3位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー

4位:バーチャルオフィス ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス Karigo

6位:バーチャルオフィス DMM

7位:バーチャルオフィス Regusリージャス

8位:バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター

9位:バーチャルオフィス Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー