バーチャルオフィス 私の私書箱

バーチャルオフィスを表す画像

このページでは、ネットで物品販売するにあたり、自宅住所を載せたくなかった私が調べたバーチャルオフィス 私の私書箱でおすすめのバーチャルオフィスに関してまとめています。きっと役立つので最後まで読んでみてください。

1位:バーチャルオフィス ネットショップならココ 和文化推進協会 【月額500円】

>>【業界最安の月額500円】バーチャルオフィスサービス会員募集「和文化推進協会」

2位:バーチャルオフィス 銀座の住所! レゾナンス 【月額1,650円~】

>>月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】

3位:バーチャルオフィス 女性専用 タピオカ 【月額480円】

>>タピオカ

4位:バーチャルオフィス 法人登記込みの値段 ユナイテッドオフィス 【月額2,310円】

>>ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス 全国51拠点 北海道・沖縄など!Karigo 【月額3,300円~】

>>全国展開のバーチャルオフィスKarigo

6位:バーチャルオフィス 大阪の住所あり! DMM 【月額2,530円~】

>>DMM

7位:バーチャルオフィス 札幌、東北、福岡網羅 Regusリージャス 【月額1,408円~】

>>レンタル・バーチャルオフィスの世界最大手ブランド 【Regus (リージャス)】

8位:バーチャルオフィス 法人口座開設保証あり!ワンストップビジネスセンター 【月額4,950円】

>>【ワンストップビジネスセンター】

9位:バーチャルオフィス Nawabari 【月額980円~】

>>Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー 【月額4,950円】

>>【バーチャルオフィス ナレッジソサエティ】を利用して起業

【バーチャルオフィス 私の私書箱】にピッタリの場所を探すに至ったわたしの悩みはこんなこと

バーチャルオフィス 私の私書箱の悩みを表す画像

わたしがバーチャルオフィスという選択肢をもったときに悩んでいたのはこんなことです。

・会社の事務所の家賃を安く抑えたい。
・ネットで顔出ししているので、会社の住所を自宅で登記したくない。
・地方の田舎の住所で会社を登記するより、東京の一等地の住所で登記したい。
・法人登記、法人銀行口座を開設できる住所を安く間借りしたい。
・個人事業主として仕事を始めたいが自宅の住所をネットに公開したくない

【バーチャルオフィス 私の私書箱】でピッタリの場所がなかったら、今頃こんなことに

バーチャルオフィス 私の私書箱の悩みが悪化を表す画像

・会社の登記住所を自宅にしてしまい、自宅あてに怪しい営業のDMが大量に届いて迷惑する。
・自宅の住所で法人登記し、HPへの住所記載などで不特定多数の人に自宅住所を知られてしまう。
・せっかく始めたネットでの副業なのに SNS などの誹謗中傷にビクビクする毎日を送ることになる
・ネットでの仕事だから地方でも十分やっていけると思っていたが会社の住所が田舎だとわかるとせっかく着いたお客が途端に離れていく
・ネットの副業でお金をかけたくないと思ったがどうしても事務所は必要になり結局家賃を払うのに精一杯になっている

物事というのは悩んでいても悪化するだけです。

【バーチャルオフィス 私の私書箱】の場所で実現できる未来とは!

バーチャルオフィス 私の私書箱で成功を表す画像

バーチャルオフィス 私の私書箱にであって、変わる人生はこんな感じ。

・ネットで顔出ししても住所を特定されないので安心して活動できる。
・東京の一等地で起業していることになるので箔が付くし気分も良い。
・会社の登記だけでなく法人銀行口座の開設もスムーズ。
・バーチャルオフィスを利用することによってどこでも仕事ができ都心で仕事、週末はリゾート地でスキーを楽しむなど夢のようなライフシフトが送れます
・コストパフォーマンスの高いバーチャルオフィスを利用することによって 浮いたお金を軽井沢リゾート地などでの自宅の賃料に回すことができる

何も知らないと人生損というもの。このバーチャルオフィスというのは今の時期の時代の流れもあって必要とされているものなのだと改めて感じます。

【バーチャルオフィス 私の私書箱】のデメリットとは?

バーチャルオフィス 私の私書箱のデメリットを表す画像

バーチャルオフィス 私の私書箱のデメリットは以下のような点となります。

・融資を受けられなかった⇒信頼度が高いバーチャルオフィス(ユナイテッドオフィス)を利用する
・他会社の住所の重複が起こる⇒住所を見比べる人はまずいないので、気にしなければOK。
・業種業態によって許認可が取得できない可能性がある⇒例えば中古品を扱う場合「古物商」がの許可申請が必要になる。自分の業種でバーチャルオフィスを利用する場合に許認可がおりるかあらかじめ確認すればOK。
・融資を受けるのが難しい⇒住所からは事業実態が見えないので、銀行などの融資の審査が厳しくなる。借金せずに小規模ビジネスするのなら気にしなくてOK。
・社会保険申請の際、書類の保管場所を確認される⇒資金台帳など必要書類の保管義務がある。書類の保管先として自宅を申請すれば認められることが多い。

【バーチャルオフィス 私の私書箱】のメリットとは?

バーチャルオフィス 私の私書箱のメリットを表す画像

バーチャルオフィス 私の私書箱のメリットは以下のような点となります。

・実績17年で各業界からの信頼度が高い
・3,000円の手数料で書類作成から申請まで行ってくれる
・リーズナブルなお値段で拠点にある会議室が利用できる
・プライバシーが守れて安心できる
・固定費をかなり削減できる

【バーチャルオフィス 私の私書箱】のまとめ

バーチャルオフィス 私の私書箱のまとめを表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィスのメリットは次の点です。

・実績17年で各業界からの信頼度が高い
・3,000円の手数料で書類作成から申請まで行ってくれる
・リーズナブルなお値段で拠点にある会議室が利用できる
・プライバシーが守れて安心できる
・固定費をかなり削減できるです。

 

【バーチャルオフィス 私の私書箱】にお勧めのバーチャルオフィス

バーチャルオフィス 私の私書箱の特徴を表す画像

バーチャルオフィス 私の私書箱にオススメのバーチャルオフィスランキングが以下となります。

1位:バーチャルオフィス レゾナンス

2位:バーチャルオフィス 和文化推進協会

3位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー

4位:バーチャルオフィス ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス Karigo

6位:バーチャルオフィス DMM

7位:バーチャルオフィス Regusリージャス

8位:バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター

9位:バーチャルオフィス Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー