バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター

バーチャルオフィスを表す画像

このページでは、ネットで物品販売するにあたり、自宅住所を載せたくなかった私が調べた住所を貸してくれるバーチャルオフィスの中のバーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターについて特徴や料金をまとめています。きっと役立つので最後まで読んでみてください。

1位:バーチャルオフィス ネットショップならココ 和文化推進協会 【月額500円】

>>【業界最安の月額500円】バーチャルオフィスサービス会員募集「和文化推進協会」

2位:バーチャルオフィス 銀座の住所! レゾナンス 【月額1,650円~】

>>月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】

3位:バーチャルオフィス 女性専用 タピオカ 【月額480円】

>>タピオカ

4位:バーチャルオフィス 法人登記込みの値段 ユナイテッドオフィス 【月額2,310円】

>>ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス 全国51拠点 北海道・沖縄など!Karigo 【月額3,300円~】

>>全国展開のバーチャルオフィスKarigo

6位:バーチャルオフィス 大阪の住所あり! DMM 【月額2,530円~】

>>DMM

7位:バーチャルオフィス 札幌、東北、福岡網羅 Regusリージャス 【月額1,408円~】

>>レンタル・バーチャルオフィスの世界最大手ブランド 【Regus (リージャス)】

8位:バーチャルオフィス 法人口座開設保証あり!ワンストップビジネスセンター 【月額4,950円】

>>【ワンストップビジネスセンター】

9位:バーチャルオフィス Nawabari 【月額980円~】

>>Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー 【月額4,950円】

>>【バーチャルオフィス ナレッジソサエティ】を利用して起業

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】を探すに至ったわたしの悩みはこんなこと

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの悩みを表す画像

わたしがバーチャルオフィスという選択肢をもったときに悩んでいたのはこんなことです。

・起業する予定だがオフィスはまだ必要ない
・ホームページやブログなどに記載するビジネス住所が必要
・商談で使用できる会議スペースが欲しい
・レンタルオフィスだとコストが高い
・事務所の場所が家だったのでステータスがなかった。

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】がなかったら、きっとこんなことに

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの悩みが悪化を表す画像

・まだ、事業が軌道にのっていないのに、ランニングコストの負担が厳しく、運転資金がとても心配で、精神的につらい
・起業をしたいが、イニシャルコストとランニングコストが高く、資金繰りが厳しいので起業するまでに時間がかかる
・信用が得られず、人も集まらず、仕事も増えず、そのまま廃業する可能性もあったかもしれない。
・チーム内のコミュニケーションが事務的な連絡のみとなり、チームワークが発揮されない職場になる。
・利用しないことで、まず住所が取得できず、それで事業といってもスタート地点に立てない。

物事というのは悩んでいても悪化するだけです。

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】で実現できる未来とは!

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターで成功を表す画像

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターにであって、変わる人生はこんな感じ。

・オフィスなどを借りることなく、イニシャルコストが安いので、思い切って起業することができる
・都心の会議室が使えるので、便利な場所で商談ができ、話もスムースに進む
・都内の一等地の住所が利用できるので、ブランディングが向上で、注文が増える
・家でやるのではなく、事業として、住所をしっかりしたところに設けて、正式に社会にデビューするという気持ちになった。
・気楽に会話できるキッカケができてチーム内でのコミュニケーションが活性化する。

何も知らないと人生損というもの。このバーチャルオフィスというのは今の時期の時代の流れもあって必要とされているものなのだと改めて感じます。

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】の特徴

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの特徴を表す画像

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの特徴とは次のような点となります。

・創業12年ということとプランがコミコミの追加料金なしというのが他と違った特徴。
・けっきょく、転送サービスや電話サービスも取り入れる方ならお勧め

そしてその他の特徴は以下となります。

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】の料金

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの料金を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

・月額4,800円~

 

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】ってどんな会社?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの会社を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

会社の詳細はバーチャルオフィスの場合重要です。ある時突然なくなるということもありうるからです。

比較的どの会社も新しいですが、主要取引銀行などもみておくことは重要です。

・創業12年と他社より長い実績があるのは安心。
・全国37拠点
・会議室44室(都内25室)
という点も見逃せません。

 

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】で借りれる住所はどこ?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの住所を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

・東京都、青山、田町、表参道、六本木、虎ノ門、麻布十番、品川、渋谷、恵比寿、二子玉川、新宿、麹町、高田馬場、日本橋、秋葉原、飯田橋、池袋、上野、五反田といった都内から関東一円、北海道、宮城県、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、香川、福岡、熊本で展開

 

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】の郵便サービスの内容は?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの郵便物を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

毎週1回無料転送費用込み

 

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】の電話サービスの内容は?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの電話対応を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

・郵便保管、転送サービスあり

 

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】で法人登記はできるの?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの法人登録を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターで法人登記可能です。

 

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】にレンタルオフィスはあるの?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターのレンタルオフィスを表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターにレンタルオフィスはあり
1,100円(税込)最大8名可能です。

 

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】では受付の有人対応サービスはあるの?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターの有人対応を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターのレンタルオフィスでは有人対応、ありです。

 

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】のデメリットとは?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターのデメリットを表す画像

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターのデメリットは以下のような点となります。

・バーチャルオフィス自体がそこまでメジャーではないが、15年以上の実績がある
・銀行の法人口座が開設することが難しい→サポートしてくれるバーチャルオフィスを探す
・検索エンジンで住所を検索すると他会社と住所の重複が起こる→コストを考えて仕方ないと割り切る
・郵便物の受取りが遅くなる→メールなどで通知してくれるサービスを利用する
・開業できない業種もある。→許認可が下りるかどうか事前に確認する

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】のメリットとは?

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターのメリットを表す画像

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターのメリットは以下のような点となります。

・イニシャルコストを抑えられる
・自宅住所を登記しなくてすむ
・ビジネスで信用の高い地域の住所が手に入る
・都心にオフィス機能が全て揃う
・他のオフィスの会議室も利用できる

【バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター】のまとめ

バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンターのまとめを表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

料金は、

・月額4,800円~

メリットは次の点です。

・イニシャルコストを抑えられる
・自宅住所を登記しなくてすむ
・ビジネスで信用の高い地域の住所が手に入る
・都心にオフィス機能が全て揃う
・他のオフィスの会議室も利用できるです。

『どのバーチャルオフィスも同じだよね』、って思っていたわたしが『ココ!』っておもったのがこちら >>
【ワンストップビジネスセンター】