バーチャルオフィス レゾナンス

バーチャルオフィスを表す画像

このページでは、ネットで物品販売するにあたり、自宅住所を載せたくなかった私が調べた住所を貸してくれるバーチャルオフィスの中のバーチャルオフィス レゾナンスについて特徴や料金をまとめています。きっと役立つので最後まで読んでみてください。

1位:バーチャルオフィス ネットショップならココ 和文化推進協会 【月額500円】

>>【業界最安の月額500円】バーチャルオフィスサービス会員募集「和文化推進協会」

2位:バーチャルオフィス 銀座の住所! レゾナンス 【月額1,650円~】

>>月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】

3位:バーチャルオフィス 女性専用 タピオカ 【月額480円】

>>タピオカ

4位:バーチャルオフィス 法人登記込みの値段 ユナイテッドオフィス 【月額2,310円】

>>ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス 全国51拠点 北海道・沖縄など!Karigo 【月額3,300円~】

>>全国展開のバーチャルオフィスKarigo

6位:バーチャルオフィス 大阪の住所あり! DMM 【月額2,530円~】

>>DMM

7位:バーチャルオフィス 札幌、東北、福岡網羅 Regusリージャス 【月額1,408円~】

>>レンタル・バーチャルオフィスの世界最大手ブランド 【Regus (リージャス)】

8位:バーチャルオフィス 法人口座開設保証あり!ワンストップビジネスセンター 【月額4,950円】

>>【ワンストップビジネスセンター】

9位:バーチャルオフィス Nawabari 【月額980円~】

>>Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー 【月額4,950円】

>>【バーチャルオフィス ナレッジソサエティ】を利用して起業

【バーチャルオフィス レゾナンス】を探すに至ったわたしの悩みはこんなこと

バーチャルオフィス レゾナンスの悩みを表す画像

わたしがバーチャルオフィスという選択肢をもったときに悩んでいたのはこんなことです。

・新しく起業をするけど、住所などはネット上に記載するのは抵抗がある
・メルマガで情報発信する際、自分の住所などを記載する必要があるから困っている
・副業をするのに自分の住所を登録するのは抵抗がある
・自分の住所を記載して、何かしらのトラブルに巻き込まれるかもしれない
・住所を公開しないと起業副業が始められないため、どうしたものかと立ち往生になっているー

【バーチャルオフィス レゾナンス】がなかったら、きっとこんなことに

バーチャルオフィス レゾナンスの悩みが悪化を表す画像

・住所などはネット上に記載するのは抵抗があるままだと、起業も副業もずっと始めることができない
・メルマガで情報発信するなら住所などを記載する必要があるため、それの代用となる何かを探すべき
・自分の住所を登録するのは抵抗があるなら、住所を代用できるサービスなどを利用するべき
・自分の住所公開でトラブルに巻き込まれるのが不安なら、住所を公開せずに済む方法を利用するべき
・住所を公開しないと起業副業が始められないなら、自分以外の住所を公開できるようなサービスを利用する

物事というのは悩んでいても悪化するだけです。

【バーチャルオフィス レゾナンス】で実現できる未来とは!

バーチャルオフィス レゾナンスで成功を表す画像

バーチャルオフィス レゾナンスにであって、変わる人生はこんな感じ。

・実際に部屋を借りるより費用コストを抑えられるため、毎月の費用も少なくて事業を進められる
・住所特定のトラブルを避けれられるため、安心して事業を進めて生活することができる
・安心して起業副業ができるため、余計なストレスなどもなく仕事に打ち込むことができる
・自宅を知られる心配がないため、トラブルや犯罪などに巻き込まれる心配もない
・都心に住所の確保ができるため、信用も生まれて事業もうまくいくようになる

何も知らないと人生損というもの。このバーチャルオフィスというのは今の時期の時代の流れもあって必要とされているものなのだと改めて感じます。

【バーチャルオフィス レゾナンス】の特徴

バーチャルオフィス レゾナンスの特徴を表す画像

バーチャルオフィス レゾナンスの特徴とは次のような点となります。

・都内のいわゆる一等地と言われる住所が手に入る
・起業の準備のためのお金が少なくて済む
・特定商取引法の表記でプライバシーが確保できる
・全店舗で貸会議室がある
・全店舗で郵便物の来店受取が可能
・銀行口座開設 紹介あり
・有人対応、受付スタッフ常駐

そしてその他の特徴は以下となります。

【バーチャルオフィス レゾナンス】の料金

バーチャルオフィス レゾナンスの料金を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

・月額1,650円(税込)~

 

【バーチャルオフィス レゾナンス】ってどんな会社?

バーチャルオフィス レゾナンスの会社を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

会社の詳細はバーチャルオフィスの場合重要です。ある時突然なくなるということもありうるからです。

比較的どの会社も新しいですが、主要取引銀行などもみておくことは重要です。

・主要取引銀行

みずほ銀行

・商標登録日

2021/7/19

 

【バーチャルオフィス レゾナンス】で借りれる住所はどこ?

バーチャルオフィス レゾナンスの住所を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

・銀座
・渋谷
・浜松町
・新宿

 

【バーチャルオフィス レゾナンス】の郵便サービスの内容は?

バーチャルオフィス レゾナンスの郵便物を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

月4回転送(郵送料は実費)

 

【バーチャルオフィス レゾナンス】の電話サービスの内容は?

バーチャルオフィス レゾナンスの電話対応を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

・住所+転送電話|月額3,850円(税込)
・住所+電話代行|月額6,050円(税込)

 

【バーチャルオフィス レゾナンス】で法人登記はできるの?

バーチャルオフィス レゾナンスの法人登録を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィス レゾナンスで法人登記可能です。

 

【バーチャルオフィス レゾナンス】にレンタルオフィスはあるの?

バーチャルオフィス レゾナンスのレンタルオフィスを表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィス レゾナンスにレンタルオフィスはありです。

 

【バーチャルオフィス レゾナンス】では受付の有人対応サービスはあるの?

バーチャルオフィス レゾナンスの有人対応を表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

バーチャルオフィス レゾナンスのレンタルオフィスでは有人対応、ありです。

 

【バーチャルオフィス レゾナンス】のデメリットとは?

バーチャルオフィス レゾナンスのデメリットを表す画像

バーチャルオフィス レゾナンスのデメリットは以下のような点となります。

・毎月の費用がかかる⇒バーチャルオフィスを借りるため、致し方ないこと、むしろ数千円で借りれるため安い
・管理の確認事項が増える⇒登録するだけのため、そこまで煩わしいものではない
・他社と住所が重複してしまうことがある⇒重複してしまっても、特に問題はない
・郵便物の受け取りが遅くなる⇒まとめて受け取るため、致し方ないこと
・突然の来客に本人の対応が困難⇒もし、会うことがあるなら、別の場所で対応をする

【バーチャルオフィス レゾナンス】のメリットとは?

バーチャルオフィス レゾナンスのメリットを表す画像

バーチャルオフィス レゾナンスのメリットは以下のような点となります。

・実際に部屋を借りるより、費用コストを抑えられる
・住所特定のトラブルを避けれられる
・安心して起業副業ができる
・自宅を知られる心配がない
・都心に住所の確保ができる

【バーチャルオフィス レゾナンス】のまとめ

バーチャルオフィス レゾナンスのまとめを表す画像

バーチャルオフィスを表す画像

料金は、

・月額1,650円(税込)~

メリットは次の点です。

・実際に部屋を借りるより、費用コストを抑えられる
・住所特定のトラブルを避けれられる
・安心して起業副業ができる
・自宅を知られる心配がない
・都心に住所の確保ができるです。

『どのバーチャルオフィスも同じだよね』、って思っていたわたしが『ココ!』っておもったのがこちら >>
月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】